ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

BLOG

瀬戸芸も旅の口実

2022年9月10日(土)【

 今日は中秋の名月とか。しかも満月ですので楽しみにしていますが、残念ながら曇天のようです。
 先週で瀬戸芸の夏期が終わりました。春はやや寒く、夏は暑過ぎて、結局両期で直島、沙弥島、小豆島の3島だけしか回れませんでした。秋期は予定がビッシリに埋まりましたが、予定通り行くかな? 瀬戸芸も5回目となりますと、新鮮味にやや欠ける気がして、小豆島なぞも作品より、重岩とか天狗岩とかのパワースポット(?)の方が良かったとも思えます。ただ船の旅行は良いですね。瀬戸芸も旅に出る為の口実ですかね。
 はてさて、突然で申し訳ありませんが、10月からパン代を値上げさせて頂きます。すみませんね。何せ、ありとあらゆる物が値上がりしていて、已むを得ない状況です。これで収まれば良いのですが、何とも不穏な空気を感じますよね。国葬だなんてハシャイでいる場合ですかね。

値上げせざるを得ない状況です

2022年8月 2日(火)【

 暑い日が続いています。夜も寝苦しいし、生きる気力を奪われるような暑さですが、負けずに草刈り機を振り回しています。午前中に草を刈る事が多いのですが、先日、夕方に刈りましたら、アドレナリンが出過ぎたのか体がホテったままだったのか、寝つきが悪くて困りました。元気なのはセミばかり。犬も猫もグッタリしています。
 それはさておき、現在の状況ですと、10月頃には私どもも値上げをさせて頂く事になろうと思います。1回で終われば良いのですが、予断許さず、2回目もありそうな気配を感じております。悩ましい限りですね。

今年も会えたヒキガエル

2022年6月27日(月)【

 昨日、良い映画(ベイビー・ブローカー)を観て元気をもらったので、今日は一日、勤労奉仕で道路の草刈りです。草がはびこると道路が狭く感じられますし、見通しが悪くもなりますので、年に1~2回住民達で刈っています。しかし、現在この谷で草刈り機を扱えるのは、私ともう1人、80代の農家の方だけです。ゆくゆくは私一人で・・・。自治振興も長くはないですね。
 お玉杓子から陸に上がって蛙になったばかりの小さいのが、跳梁しています。1㎝くらいの可愛いのが、あちらこちらに。対して、今年は早や3回も見たヒキガエルのもう立派なこと。体積は300倍?イヤ、500倍くらいか。もう神々しいくらいの存在感です。今年初めて見た時は、思わず「久し振りだね、元気だった」と声を掛けてしまいました。「ご無沙汰しました」と返事してくれたようですが、本当かな。
 珍しいものを見ると嬉しくなります。そう言えば、アカショウビンらしい鳴き声は耳にするのですが、未だ姿を見たことがありません。今年は何とかお目にかかりたいものです。

諸物、全て値上げで・・・

2022年6月 7日(火)【

 卯の花が咲いてグミが色づいてきました。
 子供の頃は先を争って食べたものですが、どんなに朱くなっていても何となく渋みが残って、今はあまり食べません。試しに果実酒にしましたら、案外評判が良かったですね。あの渋味が焼酎の味を引き立てるのでしょうか。そう言えば、ワイン用のぶどうも酸っぱくて、とても食べられないし、当方のアップルパイも酸っぱい紅玉リンゴです。生食用は甘いのが良いのですが、加工用は少々癖がないとうまくない。何となくわかりますね。
 はてさて、原材料から光熱費。ガソリンから段ボールまで諸物、全て値上げとなって困っています。小麦粉はもう一回ありそうですし、止まるところを知らない円安で益々厳しい状態に追い込まれそうですね。
 総力を挙げて原材料をストックするつもりでいますが、これが切れた時は価格改定を行いますので、悪しからず御承知願います。

船に乗って瀬戸芸へ

2022年5月19日(木)【

 5月に入り、何かと忙しい日々を送っています。
 一つは、パン屋の営業許可証の更新にあたり、保健所の立入り検査があったこと。今回は点検する箇所が多くて大変でしたが、まぁ何とか無事に終えました。
 3年に一度の瀬戸内国際芸術祭も始まり、春期は高松と直島とに出掛けました。今年は外国人の姿もあまり見かけず、人出も少なめです。船に乗って島に出かけて、アートを巡って一日のんびりするのは心地よいものですが、船に乗るまで片道2時間。途中寄り道をしたら、乗り遅れてしまいました。
 何にしてもナカナカですね。

裏山で竹の子掘り

2022年4月29日(金)【

 先日、裏山に竹の子の様子を見に上がりました。例年ですと、猪にあらかた掘り尽くされて、なかなか私達の手元まで届かないのですが、今年は竹の子も豊作のようで、あちらにも、こちらにも。もちろん猪も盛大に食事されてますが、有り余るほどの竹の子です。
 取り立ては軟らかくおいしいので嬉しく思いますが、竹の子も食べ過ぎると胃が荒れますし、春先に一回だけの楽しみでした。後はもう繁ってうるさいこと、うるさいこと。