ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

BLOG

極寒期は水道凍結が困ります

2021年1月18日(月)【

 寒い日が続いていますが、何とかやりくりしています。
 水道管も外壁部にはヒーターを巻いてありますので心配ないのですが、極寒期には室内で蛇口が凍結するのです。-5℃以下が予測される夜は、所謂ポタポタ出しにしておきますが、-10℃まで下がりますと、つららが下から上ってきてビックリです。
 とは言え、今回も水洗便所が室内凍結しまして困りました。ここはポタポタ出しも出来ませんので、トイレ全体を暖めるくらいの手段しか思いつきません。あまりにバカバカしいので採用しませんが、ウォシュレット無しでは落ち着かない文明化(笑)が少し情けないです。

青い鳥「かわせみ」に会えて

2021年1月12日(火)【

 年末年始にかけては、コロナと寒波とで不要不急の外出を思いとどまり、読書とティータイムに興じておりましたが、流石に体を動かしたくなり、郵便局まで散歩することにしました。約一里の距離ですので往復2時間の予定です。が、途中の土手道で「かわせみ」を見つけました。このところ獣との遭遇ばかりで少々クサッていましたが、久し振りに田舎暮らしの良さを満喫した思いでした。
 翌日カメラを担いで撮影に出かけましたが、私の250㎜レンズでは、ただの青い点で、トホホです。この為だけにもっと長いレンズを購入するのも無駄でしょうし、近づけば逃げますし、やはりそっと見守るのが一番ですかね。誰にも言わずに。

今年もよろしくお願いします

2021年1月 1日(金)【

 明けましておめでとうございます。
 年末からの雪で田畑は雪化粧です。寒くはありますが、予報ほどではありません。最近は少し大袈裟ではないでしょうか。雨も雪も。食糧も灯油、ガソリンも予備タンクまで用意して大雪に備えましたが、道路は地肌が出ていて・・・。腐る物ではないから、いいですけど。
 昨年、出雲で気になるケーキ屋さんを発見しました。ホントに芸術品と見まがうばかりの格調の高さで、本当に美味しかった。ところが翌日、腹から背中にかけて真っ赤に湿疹が出まして痒いの何の。昔から乳製品は避けていたのですが、年齢もくったし大丈夫かなと。老化が進むと反応も激化するんですわ、アレルギーは。治るまで一週間かかりました。
 と言うことは、コロナのワクチンは打てないかも知れません。ギョッ。もっとも打つ気もないのですが(笑)この調子です。
 どうぞ今年もよろしくお願いします。 

蒜山へ小トリップ

2020年11月15日(日)【

 蕎麦とチーズを目的に蒜山に行って来ました。ところが、すごい観光客でどこも満杯です。蕎麦屋は開店20分前に着いたものの、もう駐車場は満杯、長蛇の列で取り止め。次の店は予約制になっており、ここだけはやめた方が良いという店まで一杯。仕方なく勝山まで足を伸ばしてみたが、こちらも・・・です。
 そう言えば先週、松江に行っても結構な人気でしたが、こちらは収容能力も客扱いもスムーズで何とか事無きを得ましたが、それでも食べ終わって外に出たら、やはり長蛇の列。オイオイ、コロナは大丈夫かと自分の事はさて置いて心配したことです。
 チーズは珍しく熟成タイプで、私共のパンに合わせるとドンピッタリ。50年振りの塩釜も訪い、まんずまんずの小トリップでした。

猪だけでなく熊まで

2020年10月29日(木)【

 少し寒くなってきて、布団から出るのに気合いが入るようになりました。
 全国的に話題になっていますが、当地でも冬眠前の熊達が食べ物を求めて徘徊していて、両隣の谷から私の谷の奥にかけて、軒並み柿の木が荒されています。
 今のところ人的被害はありませんが、猪だけでも大変なのにと苦笑いです。熊は冬眠がありますが、猪は通年です。最近は爆竹の音にも慣れてしまって、昔ほどあわてて逃げることはありません。イヤイヤ「ウルセェナァ」という感じで引き揚げますが、時間の問題です。すると後は「タイマン」で・・・(笑)
 罠でも仕掛けるかなと思うが、それも結構大変そうです。色々と。

片づけ本舗を利用して

2020年10月15日(木)【

 片づけ本舗を頼って、実家の粗大ゴミと不燃ゴミとを処分しました。簞笥の引出しの中に物があると高くなるとのことで、中味はあらかた可燃ゴミとして処分し、2階から降ろすのも高くなると言われて、対象物は全て下の階に降ろしておきましたが、それでもなお、驚くほどのお値段でして、逆にこのように整理しておかないと、すぐに3~4万は高くなると言われました。ゴミの量と作業時間によって値段が変わります。
 出した簞笥類は、その場でトンカチを持って次々に解体して、ゴミ車に投入します。アッと言う間に4竿ほどバラして、別料金で1万円ほどですが。これなら私にも出来そう。次なる簞笥はこの手で処分しようと思ったことです。大きな金槌もありますし。