ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

BLOG

抜糸後も通院中

2022年11月29日(火)【

 マヌケな怪我から3週間経過しました。抜糸は2週間後でしたが、肉の盛り上がり方が遅くて、未だ分泌物が出ていて通院が続いています。広島弁では「日んち薬」と言いますが、特別な治療はなく、経過観察の為に通院している状況です。
 瀬戸芸で行けなかった松江に久し振りに出掛けて、蕎麦、和菓子と巡りましたが、最後の温泉は不可でした。番台のオバサンは「ここの湯はキズに効くんだ」との口上でしたが、申し訳ないが、ちょっと信じかねて、仲間の貴重品預りに徹しました。医師から「もう来なくても」と宣せられた後なら、喜んで浸れるのですが・・・。
 明日からは寒くなるとか。タイヤ交換はまだ大丈夫だろうと勝手に判断してますが、積雪になると、ちょっと困ります。

山の竹伐りでケガ

2022年11月 7日(月)【

 天気は良いし、ヒマだし、で、犬の散歩コース沿いにある山の竹伐りに出掛けました。早いと夕方5時には猪や鹿が出てくることもあり、前から気になっていました。猪は今のところ、裂帛の気合いで「コラッ」と言うと、慌てて逃げてくれますが、鹿はイケマセン。「ン、何や」と言う顔をしてビクともしない。何せ立派な角も生えてるし、近寄り難いものです。
 そこで少し竹を伐って、明るくしようと思ったのですが、竹の切り株だらけの中で横転してしまい、脹ら脛を10針ほど縫うケガを負いました。何とも情けない限り。年を取ったものと意気消沈していますが、パン作りに支障がなかったのは、不幸中の幸いでした。

色々と用事が・・・

2022年10月24日(月)【

 5回目の瀬戸内国際芸術祭も、やや押し詰まってきまして、残り2週間になりました。本日はその隙間に当たって、のんびり草刈りと読書です。どこにも出掛ける予定がないと、何だかホッとしますね。
 ならば、出掛けなければ良いようなものの、あるんですよね、用事が。過日、羊羹でお茶してましたら、差し歯が羊羹に付いて取れてしまいました。流石「とらや」と思ったものですが、歯医者さんの予約が、広島に仕入れに出る日と重なってしまいました。福山で治療して、そのまま広島へ。お客さんの所を経由して問屋さんで仕入れた帰途、御神水を頂いて帰ったら、計6時間、車の運転をしてました。前日は瀬戸芸の為、高松港往復で計5時間。
 仕事を辞めてしまえば、暇を持て余すのは目に見えてるんですけどね。

瀬戸芸も旅の口実

2022年9月10日(土)【

 今日は中秋の名月とか。しかも満月ですので楽しみにしていますが、残念ながら曇天のようです。
 先週で瀬戸芸の夏期が終わりました。春はやや寒く、夏は暑過ぎて、結局両期で直島、沙弥島、小豆島の3島だけしか回れませんでした。秋期は予定がビッシリに埋まりましたが、予定通り行くかな? 瀬戸芸も5回目となりますと、新鮮味にやや欠ける気がして、小豆島なぞも作品より、重岩とか天狗岩とかのパワースポット(?)の方が良かったとも思えます。ただ船の旅行は良いですね。瀬戸芸も旅に出る為の口実ですかね。
 はてさて、突然で申し訳ありませんが、10月からパン代を値上げさせて頂きます。すみませんね。何せ、ありとあらゆる物が値上がりしていて、已むを得ない状況です。これで収まれば良いのですが、何とも不穏な空気を感じますよね。国葬だなんてハシャイでいる場合ですかね。

値上げせざるを得ない状況です

2022年8月 2日(火)【

 暑い日が続いています。夜も寝苦しいし、生きる気力を奪われるような暑さですが、負けずに草刈り機を振り回しています。午前中に草を刈る事が多いのですが、先日、夕方に刈りましたら、アドレナリンが出過ぎたのか体がホテったままだったのか、寝つきが悪くて困りました。元気なのはセミばかり。犬も猫もグッタリしています。
 それはさておき、現在の状況ですと、10月頃には私どもも値上げをさせて頂く事になろうと思います。1回で終われば良いのですが、予断許さず、2回目もありそうな気配を感じております。悩ましい限りですね。

今年も会えたヒキガエル

2022年6月27日(月)【

 昨日、良い映画(ベイビー・ブローカー)を観て元気をもらったので、今日は一日、勤労奉仕で道路の草刈りです。草がはびこると道路が狭く感じられますし、見通しが悪くもなりますので、年に1~2回住民達で刈っています。しかし、現在この谷で草刈り機を扱えるのは、私ともう1人、80代の農家の方だけです。ゆくゆくは私一人で・・・。自治振興も長くはないですね。
 お玉杓子から陸に上がって蛙になったばかりの小さいのが、跳梁しています。1㎝くらいの可愛いのが、あちらこちらに。対して、今年は早や3回も見たヒキガエルのもう立派なこと。体積は300倍?イヤ、500倍くらいか。もう神々しいくらいの存在感です。今年初めて見た時は、思わず「久し振りだね、元気だった」と声を掛けてしまいました。「ご無沙汰しました」と返事してくれたようですが、本当かな。
 珍しいものを見ると嬉しくなります。そう言えば、アカショウビンらしい鳴き声は耳にするのですが、未だ姿を見たことがありません。今年は何とかお目にかかりたいものです。