ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

カメムシ予報はハズレで暖冬

2019年1月15日(火)【

 暖冬です。いつもなら、国道から当地に至る入口は真っ白に凍結している時季ですが、今年は全く雪もなくて何の心配もありません。スタッドレスタイヤも不要の冬になっています。今のところですが。でも今年は大丈夫、そんな予感です。カメムシ予報はどうもハズレですね。もっとも毎年大量発生しているような気もしますので、当てにはならないかな?
 実家の片付けからの帰途、R182でサイクリストとすれ違いました。当地では、いくら暖冬とは言え低体温症が心配で、とてもサイクリングする状況にはありませんが、さすが福山は違うと・・・。最もあのR182を走行するには、体力もよほど勝っているのだろうと、我が身と比べてうらやましくもありました。

年の瀬に

2018年12月28日(金)【

 今日は一日中雪の舞う寒い日になりましたね。ほぼ家の中に籠り切りです。何せ急に喪に服すことになって静かな正月を迎えます。
 親が死んでもパン作りをしておりまして、検死にも立ち会えず、親不孝なことです。
 母が別居を選択した時からの必然の結果ですから、理解してくれていると思いますが、92歳の大往生も只お見事と合掌する次第です。
 皆様、良いお年をお迎えください。

カメムシ大発生でこの冬は寒い?

2018年11月20日(火)【

 晩秋ですね。木々の葉もあらかた落ちて落ち葉掃きに大童です。朝夕はめっきり涼しくなりましたが、昼間はますます暖かく着たり脱いだりで忙しいことです。アップルパイも始まりましたね。
 さて今一番の気がかりは、この冬は暖冬でありや無やです。何せ昨冬は厳しかった。長期予報ではエルニーニョ現象による暖冬とか。しかし当地ではカメムシが大量に発生して臭いの何の。この虫が多い冬は寒さが厳しいというのが当地の言い伝えです。何ら説得力も無くて根拠も希薄ですが。昨冬もカメムシの大発生を見た後に寒波にあえぎましたので、今年も寒いかと戦いております。
 さて気象庁が正しいか民間伝承が正しいか?私は伝承派ですが。

10月~12月・イベント出店予定

2018年10月14日(日)【

 実りの秋を迎えました。あちこちでお祭りが行われます。ル・サンクも以下のイベントに出店します。お近くを通りましたら、ぜひお寄りください。お待ちしています。

●道の駅びんご府中・・・10月14日(日)9:00から 店頭販売します。

●比和やまびこ祭&みのりの祭典・・・10月21日(日)9:00-15:00 比和総合運動公園
 清水アキラさんのlive&トークショーがあります。

●東城まちなみぶらり散歩ギャラリー・・・11月1日(木)~11月5日(月)
 ル・サンクは11月4日(日)に出店します。
 11月4日は歴史装束を身に着けた行列「お通り」が行われます。

●庄原空市~パン日和・・・12月2日(日)10:00-15:00 庄原市民会館
 パン屋さんをメインに、ハンドメイド作品の販売、ワークショップも開催。

八幡様のお神輿担ぎました

2018年10月 8日(月)【

 今年は下の国道沿いにある八幡様のお神輿担ぎの当番が回って来ました。4年に1度でオリンピック並みです。
 その昔、浅草の仲見世で揃えた法被、股引き姿も凛々しく出かけましたが、集まったのはたった3人で、しかも当年とって67才、67才、77才の3爺。イヤァ盛り上がりませんね。
 祭りを主催する地区の人々も4年振りにお会いすると皆様お歳を召されて、もう絶句です。若い人は18才になれば順々に都会へ出て行って、残された人はただ年齢を重ねるばかり。八幡宮も修復するにはたぶん1千万単位のお金が入用と思われるほどの傷みですし。このお祭りも次回のお神輿当番が無事に回ってくるかどうか。
 田舎暮しの厳しい現実です。

頭の痛いゆうパック料金値上げ

2018年9月25日(火)【

 7月下旬に郵便局から、ゆうパック料金値上げの提案があり、どうにも困惑しておりました。例の悪徳会社黒猫の手法と全く同様ながら、実力の差を慮って、やや低めの料金設定という案です。現行の3倍から4倍となる場合もあって頭を抱える状態でした。
 「悪徳猫」の様に県内料金が無くなって、鹿児島から和歌山まで広島県内と同一料金というバカげた料金設定はなくて、ゆうパックは県内料金が残ったのが唯一の救いです。
 JRの三江線廃止と同様、一度提示されると、我々にそれを覆す術もなく、つまるところ消費者の皆様に負担をお願いする以外にありません。サイズ別の料金となり、来年1月から変更させて頂きます。
 この先、いつまでパン屋をやっていられるか定かでなく、出来れば恙なく過ごしたいと思うものの、なかなかどうして楽はさせてもらえません。
 来年は消費税の件もありますし、本当、合掌です。