ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

blog BLOG

梅雨明け間近

2017年7月13日(木)【

 いつの間にか、ヒグラシがやかましくなり始めました。近所のお宅の庭の立葵にもてっぺん近くまで花が登ってきました。2mほどもある大きな幹にピンクの花が咲いています。頂上まで花が届くと梅雨明けになるとか。
 もう少しですね。明ければ明けたで、また酷暑の夏。パン屋には最も危険な季節です。
 ブッポウソウも旅立ちそう。妙に騒がしいこの頃です。カメラ? 物入りでね。検討中です。

7月のアバンセ古江店(広島市内)第2・4土曜の販売予定

2017年7月 8日(土)・22日(土)【

第2・4土曜日は広島市内のアバンセ古江店でル・サンクのパンを販売しています。
7月は、8日(土)・22日(土) の予定です。よろしくお願いします。

7月のアバンセ三越店(広島市内)第1・3・5土曜の販売予定

2017年7月 1日(土)・15日(土)・29日(土)【

第1・3・5土曜日は広島市内のアバンセ三越店でル・サンクのパンを販売しています。
7月は、1日(土)・15日(土)・29日(土)の予定です。ご利用頂ければ幸いです。
ル・サンクのパンは入荷日にレジ横の棚に並びます。

7月のサングリーン・ゆめマート三次 毎週金曜の販売予定

2017年7月 7日(金)・14日(金)・21日(金)・28日(金)【

毎週金曜日は三次市のショッピングセンター サングリーン・ゆめマート三次でル・サンクのパンを販売しています。
7月は、7日(金)・14日(金)・21日(金)・28日(金)の予定で、夕方納品いたします。

夜明け前から騒ぐ鳥たち

2017年6月29日(木)【

 当節は夜が明けるのが早くて、夜明け前から鳥たちが騒ぎだしますので、オチオチ寝ていられません。
 ただ鳥の鳴き声は全くわかりませんね。わかれば朝がもっと楽しくなるはずですが、姿もあまり見たこともない。時々ガラス窓に激突死しているのはメジロとウグイス。他にブッポウソウとホトトギスはやかましく飛んでいるのを見かけます。
 ウーム、何だか良いカメラでバードウォッチングしてみたい気分です。

危うく火事に・・・

2017年6月13日(火)【

 先日、パンを焼き終わってすぐの石窯に次回用の薪木を放り込んでおきましたら(余熱で乾燥させる為です)、翌朝窯から煙が出ておりましたので、あわてて薪木を取り出して一輪車の上に。窯の中心部にあったのは炭化がひどくて蓋を開けてしばらくしたら発火しましたので、そのまま燃やしました。
 所用の為、私は8時過ぎに出かけましたが、その後12時前に一輪車に積んでいた薪木も自然発火しました。幸いにもタイヤの破裂音に家人が気づいて消火してくれましたので、大過なく大火には到りませんでしたが、実に危ない、危ない。
 予定を変更して2人で出かける案もあったのですが、雨も大降りにはなりそうになかったので、私1人で草むしりに出かけた訳です。しかし3時間も経過した後に薪木が発火するとは・・・。
 そう言えば、先日近所では筍を煮た後、火事になったお宅がありましたが、決してひと事ではなく、本当に火は怖いです。

6月のアバンセ古江店(広島市内)第2・4土曜の販売予定

2017年6月10日(土)・24日(土)【

第2・4土曜日は広島市内のアバンセ古江店でル・サンクのパンを販売しています。
6月は、10日(土)・24日(土) の予定です。よろしくお願いします。

6月のアバンセ三越店(広島市内)第1・3土曜の販売予定

2017年6月 3日(土)・17日(土)【

第1・3・5土曜日は広島市内のアバンセ三越店でル・サンクのパンを販売しています。
6月は、3日(土)・17日(土)の予定です。ご利用頂ければ幸いです。
ル・サンクのパンは入荷日にレジ横の棚に並びます。

6月のサングリーン・ゆめマート三次 毎週金曜の販売予定

2017年6月 2日(金)・9日(金)・16日(金)・23日(金)・30日(金)【

毎週金曜日は三次市のショッピングセンター サングリーン・ゆめマート三次でル・サンクのパンを販売しています。
6月は、2日(金)・9日(金)・16日(金)・23日(金)・30日(金)の予定で、夕方納品いたします。

久々の温泉&蕎麦巡り

2017年5月28日(日)【

 久々に温泉、蕎麦巡りに行って来ました。4月5月はどうしても病院中心の生活になりました。目も歯も良くなっているので快調なはずなのですが、どうも病院には苦手意識が先立つようで、何となくこの状況に抵抗感が出て来まして、丁度良いタイミングの温泉行きでした。
 出雲湯村温泉と「ときわすれ清水屋」を無理やりくっつけましたので、温泉から蕎麦処まで約90分。途中通行止めの区間もあったりで、慣れない山中を右往左往して、ようやくたどり着いたお蕎麦のおいしいこと。あっ、もちろん腹ペコでなくても十二分においしいんですよ。
 築後150年の古民家のお庭を眺めながらの一時は、日頃の憂さを忘れるには十分の一服でした。