ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

BLOG > digress

7月の豪雨で・・

2018年7月10日(火)【

 此の度は皆様方に大いに心配をして頂きまして有難うございました。
 お陰様で我が家は大過なく神様に感謝しながらパンを焼きました。が、土曜日は遂に宅配便が動かなくなって(しかもこちらから連絡するまで一報もなく・・・)ハタと困惑しました。有り得ることではあったのですが、情報は少ないし何と言っても、もうパンは焼き上がっていますし、で日曜日に自力で配達することにしました。
 結論から言いますと、道路が各地で寸断されていて府中、福山へは国道182号のみ。尾道、広島間は全く当てにならず。福山から一旦庄原まで引き返し、中国道で広島へ。12時間の車旅でした。
 お客様方には飲み物や食べ物まで用意して待っていてくださって本当に感謝致しております。
 砂上の楼閣ですね、ここは。この上に百年に一度の大地震を迎えると思うと本当に心配です。

南海トラフ大地震に気が重く・・

2018年7月 2日(月)【

 昨日、炎天下で田の草むしりをし疲労困憊。本日は自宅の草刈り予定で、好きなラジオ番組を聴きながら、もう少し気温が上がるのを待っています。暑くなるんですが、気温が上がると、しつこい虫があまり出てこないようで、あえて大汗をかいています。本当に夏は草と終わりなきバトルです。
 6月17日の毎日新聞に南海トラフの大地震の予兆として近畿地方に地震が起きるとの記事があり読みました。すると翌18日の午前8時前には「近畿地方に緊急地震速報」ですもんね。これで上町断層と生駒断層とにひずみがたまったので、次があるかも知れない。とすると次の次くらいが南海トラフかと気が重いです。どーすべーと。

草刈りに追われ閉口

2018年6月16日(土)【

 梅雨ですね。毎年この時期は草刈りに追われます。切っても刈っても次から次に増える草に閉口しています。
 特に頭痛の種は実家の田んぼです。除草剤は使いません。刈るか耕すか。周りからは稲を植えるのが一番と言われますが、植えれば植えたで管理することもあって、とてもパン屋の片手間とはいかないと思います。
 草もぶれの田んぼを見る度にプレッシャーを受けますが、新聞のアンケートによりますと、ストレス解消法の第一位は取り敢えず「寝る」こととか。果報は寝て待てらしいのですが、何だかね、ストレスの有り様が違うようで、役に立たない記事です。
 大体、寝てれば解決する程度のものをストレスと言うのかなと思うのでした。

娘の結婚式で鎌倉へ

2018年5月27日(日)【

 娘の結婚式のため、恐らく30年振りくらいに鎌倉まで行ってきました。
 お天気も良く、湘南の海もキラキラ輝いて、伊豆大島もクッキリ。方角を変えれば富士山もバッチリ。花嫁さんも嬉しそうで本当に良かった。
 内輪の集まりでしたので、上役のスピーチも歌も無くて、和気あいあいの善意に満ちた披露宴で心が洗われる思いでした。
 心が洗われ過ぎたせいか、帰還して本業についた途端、鼻血が抜けて抜けて。土曜日はもう投げだそうかと思いましたが、30分ほどで止血して何とか・・・。
 やはり老化ですかね。それとも食べ物が良すぎたか。

ホトトギスも鳴き出して初夏の感

2018年5月16日(水)【

 ここ数日の間、ホトトギスの鳴き声が耳につき始めました。ブッポウソウに続いて姦しくいよいよ初夏の感ですね。
 今年は竹の子の当り年で、イノシシもかなり食い荒らしていますが、まだ私が採取して余り有るほどの出芽量です。
 当っているといえば、邪魔な草を取り除いてクリンソウも増えましたね。溢れるほど咲いています。残念なのはカノコソウ。他所では増えているように思いますが、我家は少し減り加減です。日当りのせいかなとも思いますが。
 なかなか思うようにならないのは世の常ゆえ、仕方ないですね。

連休が過ぎ、ホッと一息

2018年5月 8日(火)【

 五月の連休も嵐のように過ぎて、ホッと一息ついています。蕎麦、温泉巡りに行って来ましたら、松江のお店も行列だったとかで同慶の至りでした。
 このところ夜が明けるのが早くて、休みでも5時には目が覚めて、いくらでも本が読めそうです。夏至までもう少し日が延びるので嬉しいやら困るやら。
 この時期は草刈りを筆頭にやることも山ほどあるので、ほどほど働きます。腰の痛みもあって、本当にほどほどですね。重い物を持つせいか、車の運転のせいか、なかなか良くならないのが、目下の頭痛の種です。
 犬が散歩の途中で食べる道草のベストスリーはカラムシ、桑の葉、セイタカアワダチソウ。体に良いのですかね。

能楽鑑賞のような映画

2018年4月27日(金)【

 先日、映画館で通路の段差を踏み外して横転してしまいました。幸いにも暗がりでしたので恥っさらしは免れましたが、スネをしたたか打ちつけてしゃがむと痛いです。
 映画は「スリー・ビルボード」これも何だか釈然としない内容で、「何故、警察署長はあの時点で自殺するのだろうか」「正確な犯人がわからないのに警察の仕業と決め打ちして火炎ビンを放るのか」「あのお二人はこの先どうなるのだろうか」等々、何だか能楽鑑賞のようです。
 エッ、そうそう能も良くわからないところが良いらしい。
 次はインド映画にしますね。

イベントはお天気次第

2018年4月 8日(日)【

 梅も桜も、ツツジ、カタクリ、水仙、ボケの花ともう百花繚乱。ですが、雪が降るんですね、北部は。今日(4/8)の庄原さくらフェスティバルは吹雪を伴った寒波の中で、出店者はもうテンヤワンヤでした。
 先週の周防大島ジャムズガーデンでのイベントでは午前中2時間で約百個のパンを売り切ったものですが、もう大違いです。イベントはお天気次第ですが、ついつい欲張ってしまいがち。
 次のイベントこそとまたまた張り切ってパンを焼きます。次は広島パルコのパンタスティック!(4/12~4/22)です。よろしくお願いしますね。

高知の「ひょうたん桜」

2018年3月28日(水)【

 愛車が大過なく車検を通ったのを記念して土佐の高知まで出かけました。片道4時間の旅です。
 主目的の樹齢400年と言われる藪椿の巨木「しゃくじょうかたし」は残念ながら枯死していましたが、現地で落ち合った高知のお客さんのご案内で「ひょうたん桜」と中越家の枝垂桜を見学して廻りました。
 嶺北と言われるこの地域は山高く谷深く、家々は川や国道から数百メートルも羊腸の急坂をよじ登った斜面に開けています。周りは茶畑が段々に。仁淀川を挟んだ対面も同様の段々畑があり、そこでの生活環境の厳しさを思うと何だか粛然たる気になります。だから高知には酒豪が多いとは案内してくださった方の弁です。
 そのような山の斜面に「ひょうたん桜」は五分咲きほど明るく咲いていました。地元の人が大事にされている様も窺えて嬉しくなりました。つぼみの形がひょうたんに似ているのが命名の由来ですが、近くにある桜のつぼみもよくよく見れば皆々、ひょうたん形に見えて・・・。また来年も桜見物に来てみたいと思うほどの所でした。鬼が笑うので取敢えずですが・・・。

春は楽しい!

2018年3月15日(木)【

 暖かくなりました。鶯も鳴き始め蝶々も飛んでいます。もちろん、名物のカメムシもゾロゾロと。春ですね。
 春になると何となく気持ちも明るくなって、土佐の高知まで「錫杖かたし」と「ひょうたん桜」見物と思っています。「かたし」とは椿のこと。日本一の巨木椿とのことです。
 景観日本一の桜と言われる「醍醐桜」も久々に見たいですし、春は楽しい!