ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

ゲンノショウコと彼岸花が満開に

2017年9月21日(木)【

 連休のど真ん中を台風が駆け抜けて、京旅行の予定がパーになりました。
 日曜日が雨になって田に出かけないのは、実に7月30日以来で、久々にのんびりした1日でした。たまには雨も良いもので溜まったビデオを2本鑑賞しましたね。
 さて秋本番を迎えつつ「ゲンノショウコ」と彼岸花が咲いています。特にゲンノショウコ(薬草)のピンクの花が好きです。ああいう小さい花には(径8~10mmくらい)小さなホバリングする昆虫がやってきて授粉するんですね。蜂だと大きすぎて茎に留まれないから。自然の摂理ですが、本当に良くできています。

あんパンの製造中止について

2017年9月 8日(金)【

 突然ではありますが、あんパンの製造を打切ることにしました。中国新聞の重役たるk氏がまだ庄原支局長だった頃、試作を食べてもらいながら、自家製の天然酵母で仕上げた思い出深いオリジナル作品であります。
 しかし早朝より仕込まなければならず、年寄りにはきついこと、昨今小豆相場の高騰で採算ラインが厳しいこと等々が理由です。
 ルサンクさんも段々と老人力が増してきたなと笑いながらお赦しくだされば幸いです。

マムシの生捕り

2017年8月26日(土)【

 隣組のオジサンがアルバイトだか、趣味だかでマムシを採取しています。我が家関連でこの夏3匹ほどマムシを見つけ、その都度連絡してあげました。
 傷つけないよう捕獲してペットボトルに入れて隣町のマムシ養殖センターに持ち込むと、いくらかで(数千円との噂です)引取ってくれるのです。
 驚くのはマムシの首根っこを左手でつまんで、軽トラを運転して自宅までお帰りになること。どうやって運転することやら。ちょっと真似のできない芸当です。
 先日は朝早く声をかけたものですから、パジャマにサンダル履きでお出でになりマムシに噛みつかれそうになっておりました。何とも胆の冷える風景でした。

休耕田の草刈り

2017年8月18日(金)【

 6月以降、日曜日毎に田の草刈りに実家まで出かけています。休耕田ですから雑草が繁ることいと猛々し。手で抜いたり、草刈り機で刈ったり。どちらにしても猛暑の中の作業ですので、熱中症ギリギリまで働いてもハカの行かないこと行かないこと。
 疲れ果てて、趣味の自転車に乗る暇もなく、テンションの上がらない状態でしたが、お盆の間、珍しいお客さんと長話しする機会を多いに楽しみ(実は後の作業に差し支えるのですが・・・)これも草むしりを喜ぶ先祖のお導きかと感謝しております。
 夏も終わりそうで草むしりももう少しかな?

恐ろしいスズメバチ

2017年7月27日(木)【

 犬と朝の散歩をしていたら、後ろからブンと手にぶつかる物があり、虻かと思って手を振り払いましたが、もう何かに刺された感触があって猛烈に痛みが走りました。
 見る見るうちに腫れてきたので、こりゃ蜂だと思いあわてて帰宅して秘伝のムカデ油を塗りたくりました。結局痛みは7時間ほど続き手の甲は子供の頃よくあった霜焼けのようです。指を曲げるのも少し突っ張り感があって、さすがスズメバチ。
 何も悪い事はしてないと思うのですが蜂当り(罰当り?)の一幕でした。

梅雨明け間近

2017年7月13日(木)【

 いつの間にか、ヒグラシがやかましくなり始めました。近所のお宅の庭の立葵にもてっぺん近くまで花が登ってきました。2mほどもある大きな幹にピンクの花が咲いています。頂上まで花が届くと梅雨明けになるとか。
 もう少しですね。明ければ明けたで、また酷暑の夏。パン屋には最も危険な季節です。
 ブッポウソウも旅立ちそう。妙に騒がしいこの頃です。カメラ? 物入りでね。検討中です。