ル・サンク自家製天然酵母パン【Le☆Cinq】

ル・サンク自家製天然酵母パン

〒729-3711
広島県庄原市総領町五箇289(Map

0824-88-7937(工房直通)
Fax&Tel: 0824-88-7936(自宅窓口)

ネット注文

NEWS

BLOG

ホトトギスも鳴き出して初夏の感

2018年5月16日(水)【

 ここ数日の間、ホトトギスの鳴き声が耳につき始めました。ブッポウソウに続いて姦しくいよいよ初夏の感ですね。
 今年は竹の子の当り年で、イノシシもかなり食い荒らしていますが、まだ私が採取して余り有るほどの出芽量です。
 当っているといえば、邪魔な草を取り除いてクリンソウも増えましたね。溢れるほど咲いています。残念なのはカノコソウ。他所では増えているように思いますが、我家は少し減り加減です。日当りのせいかなとも思いますが。
 なかなか思うようにならないのは世の常ゆえ、仕方ないですね。

連休が過ぎ、ホッと一息

2018年5月 8日(火)【

 五月の連休も嵐のように過ぎて、ホッと一息ついています。蕎麦、温泉巡りに行って来ましたら、松江のお店も行列だったとかで同慶の至りでした。
 このところ夜が明けるのが早くて、休みでも5時には目が覚めて、いくらでも本が読めそうです。夏至までもう少し日が延びるので嬉しいやら困るやら。
 この時期は草刈りを筆頭にやることも山ほどあるので、ほどほど働きます。腰の痛みもあって、本当にほどほどですね。重い物を持つせいか、車の運転のせいか、なかなか良くならないのが、目下の頭痛の種です。
 犬が散歩の途中で食べる道草のベストスリーはカラムシ、桑の葉、セイタカアワダチソウ。体に良いのですかね。

能楽鑑賞のような映画

2018年4月27日(金)【

 先日、映画館で通路の段差を踏み外して横転してしまいました。幸いにも暗がりでしたので恥っさらしは免れましたが、スネをしたたか打ちつけてしゃがむと痛いです。
 映画は「スリー・ビルボード」これも何だか釈然としない内容で、「何故、警察署長はあの時点で自殺するのだろうか」「正確な犯人がわからないのに警察の仕業と決め打ちして火炎ビンを放るのか」「あのお二人はこの先どうなるのだろうか」等々、何だか能楽鑑賞のようです。
 エッ、そうそう能も良くわからないところが良いらしい。
 次はインド映画にしますね。

イベントはお天気次第

2018年4月 8日(日)【

 梅も桜も、ツツジ、カタクリ、水仙、ボケの花ともう百花繚乱。ですが、雪が降るんですね、北部は。今日(4/8)の庄原さくらフェスティバルは吹雪を伴った寒波の中で、出店者はもうテンヤワンヤでした。
 先週の周防大島ジャムズガーデンでのイベントでは午前中2時間で約百個のパンを売り切ったものですが、もう大違いです。イベントはお天気次第ですが、ついつい欲張ってしまいがち。
 次のイベントこそとまたまた張り切ってパンを焼きます。次は広島パルコのパンタスティック!(4/12~4/22)です。よろしくお願いしますね。

イベント出店のお知らせ

2018年3月28日(水)【

春になりました。桜、新緑と楽しみな季節です。
出店が決まったイベントのお知らせです。お近くの方はぜひお越しになってください。

★せとうちパンフェスタ=4月1日(日)10:00~15:00 瀬戸内ジャムズガーデン(周防大島町)
★庄原さくらフェスティバル=4月8日(日)10:00~16:00 庄原市上野総合公園
★パンタスティック!=4月12日(木)~22日(日)広島パルコ本館6階
 ル・サンクは12日(木)15日(日)19日(木)に出品します。
★里山祭=4月22日(日)10:00~15:00 総領町木屋「和み亭」 

高知の「ひょうたん桜」

2018年3月28日(水)【

 愛車が大過なく車検を通ったのを記念して土佐の高知まで出かけました。片道4時間の旅です。
 主目的の樹齢400年と言われる藪椿の巨木「しゃくじょうかたし」は残念ながら枯死していましたが、現地で落ち合った高知のお客さんのご案内で「ひょうたん桜」と中越家の枝垂桜を見学して廻りました。
 嶺北と言われるこの地域は山高く谷深く、家々は川や国道から数百メートルも羊腸の急坂をよじ登った斜面に開けています。周りは茶畑が段々に。仁淀川を挟んだ対面も同様の段々畑があり、そこでの生活環境の厳しさを思うと何だか粛然たる気になります。だから高知には酒豪が多いとは案内してくださった方の弁です。
 そのような山の斜面に「ひょうたん桜」は五分咲きほど明るく咲いていました。地元の人が大事にされている様も窺えて嬉しくなりました。つぼみの形がひょうたんに似ているのが命名の由来ですが、近くにある桜のつぼみもよくよく見れば皆々、ひょうたん形に見えて・・・。また来年も桜見物に来てみたいと思うほどの所でした。鬼が笑うので取敢えずですが・・・。